Main Menu

人から人へ、手から手へ

遺伝子組み換え問題

遺伝子組み換え問題:ブラジルGMOトウモロコシ
遺伝子組み換えを使った農業は世界各地で大きな問題を引き起こしています。

その問題は以下の5点にまとめられます。

  • 健康に悪影響を与える可能性が高い。
  • 自然環境を破壊する。
  • 有機農業と共存できない。
  • 民主主義と共存できない(社会を壊す)。
  • 世界を養えない、持続可能ではない。

 米国で始まった遺伝子組み換え農業は特に南米やフィリピン、インドで大きな問題を引き起こしており、現在、アフリカがその遺伝子組み換え企業のターゲットになっています。小規模家族農業や農業労働者、耕作地地域の住民に大きな被害を与えているだけでなく、環境破壊、その遺伝子組み換え作物を食べる消費者の健康被害などにも大きく関わっていることが多くの研究によって指摘されていますが、マスメディアでの報道は特に日本では制限されており、その問題が十分に知られていない状態になっています。

 民衆交易を進め、生産者と消費者の権利を取り戻す活動を行っているオルター・トレード・ジャパン(ATJ)ではこの問題を生産者と消費者の視点から捉え直し、国境を超えたオルタナティブを探っていきます。

 ぜひご注目ください。

14,785 views

最新情報

【PtoP NEWS vol.2 特集】『遺伝子組み換えルーレット』監督ジェフリー・スミスさんを招いて

2017年06月22日 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.2 特集】『遺伝子組み換えルーレット』監督ジェフリー・スミスさんを招いて

遺伝子組み換え作物(GMO)が世界でもっとも多く生産される国、米国。その米国で、GMOの登場以降、さまざまな慢性疾患が急激に増えています。それは単なる偶然でしょうか? GMOが人びとや家畜の健康に大きな影響を与えている可能性を指摘する研究が続々と発表されています。講演したジェフリーさんは、ま ずは自分と家族の食を変える、数パーセントの人たちが食を変えることで食のシステムを変えることは可能だということなのです。

もっと読む

Moms Across America ゼン・ハニーカットさんからのメッセージ

2016年11月4日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

Moms Across America ゼン・ハニーカットさんからのメッセージ

米国の子どもたちにアレルギーや自閉症が急増しています。食に入り込んだ遺伝子組み換えやモンサントの農薬に問題があると多くの人たちが考え始め、それを排除することで改善するケースが報告されています。Moms Across America(アメリカ中の母親たち)という市民団体を創設したゼン・ハニーカットさん(Zen Honeycut)にお話を伺いました。

もっと読む

韓国生協ハンサリムが『遺伝子組み換えルーレット』の韓国語版作成

2016年07月25日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

韓国生協ハンサリムが『遺伝子組み換えルーレット』の韓国語版作成

ハンサリムによって『遺伝子組み換えルーレット』韓国語版が企画され、それがこのたび、完成し、韓国でも今後、全国的に上映会が開かれることになりました。

もっと読む

ジェフリー・M・スミスさん講演報告

2016年03月4日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

ジェフリー・M・スミスさん講演報告

遺伝子組み換えと健康被害の関連について教育活動を国際的に精力的に行っているジェフリー・M・スミスさんを日本に招き、2月に福岡、京都、東京でのセミナーを開催しました。まずはジェフリーさんの講演資料を共有します。

もっと読む

ジェフリー・M・スミスさん来日講演(福岡、京都、東京)

2016年02月9日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

ジェフリー・M・スミスさん来日講演(福岡、京都、東京)

『遺伝子組み換えルーレット—私たちの生命(いのち)のギャンブル』の監督であり、長く、遺伝子組み換えによる健康被害の可能性について警鐘を鳴らしてきたジェフリー・M・スミスさんが来日し、講演会を福岡・京都・東京の3箇所で開催します。

もっと読む

健康、環境そして食料保障—農薬その他の汚染物質

2016年01月29日 アグロエコロジー, バランゴンが作り出す世界, 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

健康、環境そして食料保障—農薬その他の汚染物質

農薬問題の第一人者、ロメオ・キハノさんが語る農薬問題。ガン、腎臓病で農業労働者が、その家族が命を落としています。日本に輸出するプランテーションの中のことを私たちはどれだけ知っているでしょうか? ネグロス・サミット報告をご覧ください。

もっと読む

ジェフリー・M・スミスさん招聘への賛同のよびかけ

2015年12月28日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

ジェフリー・M・スミスさん招聘への賛同のよびかけ

ドキュメンタリー映画『遺伝子組み換えルーレット』の監督、米国で長く遺伝子組み換えと健康被害の問題に警鐘を鳴らし続けているジェフリー・M・スミスさんを日本に招いて、講演会を行いたいと思います。ぜひ、その企画へのご賛同をお願いします。

もっと読む

フィリピン最高裁、遺伝子組み換えナスの栽培実験禁止と新規承認一時停止を決定

2015年12月10日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

フィリピン最高裁、遺伝子組み換えナスの栽培実験禁止と新規承認一時停止を決定

フィリピンで画期的判決です。フィリピン最高裁判所は、2015年12月8日に遺伝子組み換えナス(Btナス)の実験の永続的禁止と遺伝子組み換え作物の新規承認一時停止を命じました。農民と科学者の連帯ネットワークであるMASIPAGや環境運動団体などの市民による訴訟が実りました。

もっと読む

フィリピンにおける遺伝子組み換え問題

2015年12月4日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

フィリピンにおける遺伝子組み換え問題

11月7日に開催されたネグロス・フード・サミットの特別報告、MASIPAG(科学者と農民連帯ネットワーク)によるフィリピンにおける遺伝子組み換え問題に関する特別報告をご覧ください。

もっと読む

グローバルな食のシステムの危機:ネグロス・フード・サミット

2015年11月27日 アグロエコロジー, 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

グローバルな食のシステムの危機:ネグロス・フード・サミット

11月7日に行われたネグロス・フード・サミットでのATJ政策室印鑰(いんやく)による2番目の基調報告です。グローバルに起きている食の危機について問題提起をしています。気候変動、健康危機、巨大企業による独占という3つの視点から考えます。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ