Main Menu

人から人へ、手から手へ

世界のオルタナティブ

東ティモールの人びと
 今、世界で大きな問題が起きています。生態系の破壊、気候変動が大きくなり、これまでの世界の豊かさが次の世代に残せるか、不安が高まっています。さらに、食の安全が脅かされ、さまざまな健康被害が報告されています。この変化を生み出している原因の大きな源に企業的大規模農業経営と化学企業によって作られた農業モデルの世界化があります。

 第2次世界大戦以降、大きなバイオ化学企業が化学肥料、農薬、さらには遺伝子組み換え技術を作り出し、世界の農業のあり方と社会を大きく変えていきました。日本でもバイオテク技術を生かした「競争できる農業」がニュースになります。しかし、そうした農業がむしろ世界を深刻な状況においやっている現実はなかなか報道されません。

 アレルギーや自閉症、ガン、糖尿病などといった病気がこの動きから生み出された可能性を指摘するいくつもの科学者の指摘があります。これらは農業と関わりのない都会の消費者にも直接迫っている問題なのです。

 こうした農業によって、家族で耕してきた農民が土地を奪われる事態も起きています。

 しかし、一方で、こうした動きに対して、安全な食と職を作り出すオルタナティブな試みが世界各地で取り組まれています。生態系を守ること、健康を守ること、安全な食と職を作り出すこと、明るい未来を可能にするユニークな取り組みがいくつも生まれ、拡がりつつあります。オルター・トレード・ジャパン(ATJ)はそうしたオルタナティブな試みに焦点をあてて、日本やアジア、そして世界の歩むべき道を考えていきます。

 当面の焦点として、

の3つの柱を中心に見ていきます。こうした問題の基本情報や最新情報も発信してきますし、セミナーなども予定しています。ぜひ、ご期待ください。

18,492 views

最新情報

【PtoP NEWS vol.14/2017.05 特集 遺伝子組み換え】母親に力を!子どもたちに健康を!~マムズ・アクロス・アメリカ創設者、ゼン・ハニーカットさんとの交流~

2017年08月16日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.14/2017.05 特集 遺伝子組み換え】母親に力を!子どもたちに健康を!~マムズ・アクロス・アメリカ創設者、ゼン・ハニーカットさんとの交流~

「マムズ・アクロス・アメリカ(MAA)」は、全米で遺伝子組み換え食品から子どもを守る運動を展開している市民団体です。ATJ/APLAスタッフは、2017年3月8日、国際女性デーにグリーンコープの招聘で来日した、創立者のゼン・ハニーカットさんからMAAの活動について話を聞き、交流する機会を得ました。

もっと読む

【PtoP NEWS vol.2 特集】『遺伝子組み換えルーレット』監督ジェフリー・スミスさんを招いて

2017年06月22日 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

【PtoP NEWS vol.2 特集】『遺伝子組み換えルーレット』監督ジェフリー・スミスさんを招いて

遺伝子組み換え作物(GMO)が世界でもっとも多く生産される国、米国。その米国で、GMOの登場以降、さまざまな慢性疾患が急激に増えています。それは単なる偶然でしょうか? GMOが人びとや家畜の健康に大きな影響を与えている可能性を指摘する研究が続々と発表されています。講演したジェフリーさんは、ま ずは自分と家族の食を変える、数パーセントの人たちが食を変えることで食のシステムを変えることは可能だということなのです。

もっと読む

映画紹介『バナナの逆襲』

2017年04月11日 Featured, バランゴンが作り出す世界, バランゴンバナナ, 世界のオルタナティブ コメントは受け付けていません。

映画紹介『バナナの逆襲』

ニカラグアのバナナ・プランテーションでの農薬被害をめぐる裁判、その模様を追った映画の上映を巡って大騒動が起きた伝説のドキュメンタリー映画を紹介します。DVD発売中!

もっと読む

バナナ・プランテーションでの農薬空中散布を止めて! ~ドキュメンタリー・フィルム「毒の雨」(日本語版)~

2016年12月2日 バランゴンが作り出す世界, 世界のオルタナティブ コメントは受け付けていません。

バナナ・プランテーションでの農薬空中散布を止めて! ~ドキュメンタリー・フィルム「毒の雨」(日本語版)~

フィリピン、ミンダナオ島にあるバナナ・プランテーションの一つで行われている農薬の空中散布。多くの住民が反対している問題を描いたフィルムです(約11分半、日本語字幕付き)。ぜひ、ご覧ください。

もっと読む

Moms Across America ゼン・ハニーカットさんからのメッセージ

2016年11月4日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

Moms Across America ゼン・ハニーカットさんからのメッセージ

米国の子どもたちにアレルギーや自閉症が急増しています。食に入り込んだ遺伝子組み換えやモンサントの農薬に問題があると多くの人たちが考え始め、それを排除することで改善するケースが報告されています。Moms Across America(アメリカ中の母親たち)という市民団体を創設したゼン・ハニーカットさん(Zen Honeycut)にお話を伺いました。

もっと読む

セミナー「フィリピン・ミンダナオと私たちの今を考える 『バナナと日本人』で描かれた問題は現在、どうなっているか?」報告

2016年10月7日 バランゴンが作り出す世界, バランゴンバナナ, 世界のオルタナティブ コメントは受け付けていません。

セミナー「フィリピン・ミンダナオと私たちの今を考える 『バナナと日本人』で描かれた問題は現在、どうなっているか?」報告

10月1日、フィリピンのバナナ・プランテーションの現状を視察するために派遣された訪問団の報告会が開催されました。農薬被害をはじめとする発表内容について速報をお届けします。

もっと読む

セミナー「農薬、プランテーションと私たち」報告

2016年09月27日 バランゴンが作り出す世界, バランゴンバナナ, 世界のオルタナティブ コメントは受け付けていません。

セミナー「農薬、プランテーションと私たち」報告

 現在、アジア各地で日本向けの農産物に危険な農薬が使われ、その農薬を使って作られた農産物は日本にも輸入されています。この問題を考えるために、アジアでの農薬規制に長く関わってこられた田坂興亜氏を講師に招き、2016年8月1日に学習会を開催し、そのまとめを作成しました。

もっと読む

フィリピン・ミンダナオと私たちの今を考える 『バナナと日本人』で描かれた問題は現在、どうなっているか? ミンダナオ訪問団報告

2016年09月12日 バランゴンが作り出す世界, バランゴンバナナ, 世界のオルタナティブ コメントは受け付けていません。

フィリピン・ミンダナオと私たちの今を考える 『バナナと日本人』で描かれた問題は現在、どうなっているか? ミンダナオ訪問団報告

スーパーにならぶバナナのほとんどはフィリピン・ミンダナオのプランテーションで作られています。鶴見良行さんが『バナナと日本人』(岩波新書)でプランテーションでの農薬散布や過酷な労働条件を告発されてから30年あまりがたちましたが、今のプランテーションはどうなっているのでしょうか? 9月初頭に現地を訪れた訪問団がその生々しい実態を報告します。ぜひご参加ください!

もっと読む

韓国生協ハンサリムが『遺伝子組み換えルーレット』の韓国語版作成

2016年07月25日 世界のオルタナティブ, 遺伝子組み換え問題 コメントは受け付けていません。

韓国生協ハンサリムが『遺伝子組み換えルーレット』の韓国語版作成

ハンサリムによって『遺伝子組み換えルーレット』韓国語版が企画され、それがこのたび、完成し、韓国でも今後、全国的に上映会が開かれることになりました。

もっと読む

セミナー「農薬、プランテーションと私たち」

2016年07月20日 バランゴンが作り出す世界, バランゴンバナナ, 世界のオルタナティブ コメントは受け付けていません。

セミナー「農薬、プランテーションと私たち」

アジアでの農薬規制に長く関わってこられてきた田坂興亜氏を講師に招き、農薬がどのような被害を作り出すのか、そしてアジアでどのような使用規制をめざして取り組みが行われてきたのか、また、プランテーションでの農薬問題について、お話を伺います。ぜひ、ご参加ください。

もっと読む
omise BananaNews recipe Beyond 世界のオルタナティブ ネグロス・サミットのロゴ